Watts(ワッツ)について

WattsはContact Form 7にEFO(Entry Form Optimization:入力フォーム最適化)を施すWordPressプラグインです。

Wattsの機能

リアルタイムバリデーション

入力項目に入力された値をリアルタイムにバリデーション(入力チェック)します。

送信ボタンを押した際に行われるバリデーションと同様のバリデーションを行います。特別な設定は必要ありません。

リアルタイムバリデーション機能について

リアルタイムバリデーションデモアニメーション

自動全角半角変換

以下の入力項目に入力された全角文字を自動で半角に変換します。

  • メールアドレス項目
  • 電話番号項目

独自のフォームタグ

生年月日項目

生年月日の入力に最適化された「年」「月」「日」の3項目からなるドロップダウンメニューを追加します。

生年月日入力項目について

生年月日 項目名

確認用メールアドレス項目

確認用メールアドレスの項目を追加します。

以下のページを読み、極力使わないでください。

確認用メールアドレス項目について

Wattsの理念

Contact Form 7のUI/UXを高める

適切なエンジニアリングでフォームのUI/UXを向上させ、ユーザー価値を最大化することを第一の目標としています。

品質の良いプロダクトを開発/保守する

WordPressおよびOSSのエコシステムに則って開発をおこなうことで、プロダクトの品質が上がることを信じています。

あとがき

名前の由来

ローリング・ストーンズのドラマー、チャーリー・ワッツから拝借しました。

リアルタイムバリデーションの実装をしているの話です。入力のリズムを止めてエラーを目立たせる挙動をみて、チャーリー・ワッツのハイハットシフト(普通鳴らし続けるハイハットを、スネアを打つときだけ鳴らさない)みたいだなと思ったところから着想を得ました。